【重要】アイルランドの家・部屋探しのコツと注意点3選|メール文も紹介

【重要】アイルランドの家・部屋探しのコツと注意点3選|メール文も紹介
ハムチ

アイルランドの家探しって難しいって聞いたけど本当…? どうやって探すの?

アイルランドで部屋を探すとなると、必ず耳にするのが「家がない問題」。これは事実で、本当に住みたい人の数に対して家が足りてないんです!

だからといって、絶対に見つからないわけではありません。私は実際に家探しを初めて2日目にビューイング(内覧)にくことができ、2週間で8件もの内覧を終えて無事部屋を確保しました。

そこで実際に家を確保できた体験をもとに、アイルランド家探しで事前に知っておきたい注意点、家の見つけ方、部屋をGETするコツの3パートに分けてでお話します。ホームスレにならないためにも、要チェックです!

アイルランドの家(部屋)を探す前に知っておくべき注意点

家を探す前に、日本にいる間にやっておきたい&知っておきたい注意点は、以下の3つです。

大事なことなので、順番に紹介していきます。

日本からシェアハウスを探すのはほぼ無意味

留学エージェントによっては、アイルランドがあまりにも家がないため、「渡航の3ヶ月前から探し始めないと見つかりませんよ〜!」と言ってくることもあります。

第一に、「3ヶ月前から探さないと絶対に家が見つからない」ということなく、妥協すればいくらでも見つかります。問題は、3ヶ月前から探す方が逆に無意味で危険だということ。

なぜなら、以下の5つのことが起きるからです。

  • 早くても1ヶ月前くらいからしか家の空きの広告がでない
  • 仮に1ヶ月前に予約が取れても、住まない1ヶ月の期間も家賃(+デポジット)が発生する
  • 家主が選ぶ側のアイルランドでは直接ビューイングに行かないと優先度が下がる
  • 現地で働いていないと選ばれないことがある(学生不可の物件もある)
  • 詐欺師が多いので、契約と見せかけて到着後には実際に家がない場合もある

上記の理由から、日本で家探しをするのはほぼ無意味です。ビューイングに関してはオンラインでもありますが、それが詐欺だった場合はアウト……到着後に悲惨な思いをするのはあなたです。

そのため、次に紹介するホームステイと学生寮の手配をしておくことをおすすめします。

ホームステイか学生寮を最低1ヶ月以上手配してから渡航する

日本からシェアハウスを見つけるのはほぼ無理なので、ホームステイか学生寮を予約してから渡航するようにしましょう。アイルランドでの家探しは本当に大変なので、最低でも1ヶ月間は住むところを確保して渡航すれば安心です。

ハムチ

ホームステイか学生寮はどっちが良いの?

このことに関しては、また別の記事で詳しくお話します。個人的には、ご飯がついてきて洗濯もやってくれる「ホームステイ」がおすすめですが、当たりはずれがあるのでそこだけ注意です。

カナダワーホリのときは食事がひどかったのが思い出で、今も同じく食事がやばいです笑。
>>【体験談】最悪のホームステイは食事がひどい? はずれパターンを紹介

ルームシェアでも家賃が高いので十分貯金をしておく

アイルランドのシェアハウスの1人部屋の相場は€400〜€800と幅広いですが、よく見る金額は€600前後。円安で€1を約140円で換算すると、€600=84,000円!! シェアなのに高すぎる…。

カナミ

東京でも余裕で1Rが借りられるお値段です笑。

バイトをして€でお給料をもらうまでは、余計に支払いが厳しい。。そのため、最低でも100万円、少し余裕を持って200万円は貯金してからアイルランドに渡航することをおすすめします!

もちろん、語学学校や最初のホームステイ代等を差し引いた金額です。円安の今、アイルランドでは厳しい生活になるかもしれないので、資金に余裕を持って渡航しましょう!

アイルランドで家(部屋)を探す3つの方法

アイルランドの家・部屋探し

アイルランドで家を探すのは、不動産に行くのではなくWEB上で応募のような形で申し込みます。

家探しとしてメジャーな方法を、以下3つのタイプ別に紹介します。

それでは順番に見ていきましょう。

アイルランドの賃貸サイト

日本で言うSUUMOなどのお部屋探しサイトが複数あり、基本的には家主に直接連絡してビューイングしたりします。

主に利用されるサイトは、以下の通りです。

この中でも物件数が圧倒的に多く、留学生・ワーホリの人みんなが使うのが「daft.ie」です。色んなサイトを見るのも大変なので、とりあえずdaftで部屋を探せばOK。

ですが、daftは倍率が高いので、100件送ってなんとか3〜5件返信がくるレベルが普通。。めげずに送り続けつつ、次に紹介するFacebookも併せてチェックしましょう。

カナミ

ちなみにproperty.ieのある物件に申し込んだら、daftから申し込み完了通知が届きました…謎!

Facebookの部屋探しグループ

アイルランドの部屋探しFacebookグループ

Facebookのグループ検索で、「Ireland rent」や「Dublin rent」などと検索するとたくさんのグループが表示されるので、アクティブなグループは全て参加しておきましょう。

たま〜に良い物件の紹介が出るので、タイミングによっては良きお家に巡り会えるかもしれません。

ですが、Facebookグループはほとんどが詐欺なので要注意! 特に、自ら「部屋探してます」と投稿すると、詐欺のメールやコメントがたくさん来ます。そのため、投稿するよりは毎日チェックをして、いい物件がないか探すのがおすすめです。

物件詐欺師の見分け方

プロフィールを見れば、意外と簡単に詐欺師かどうかわかります。また、プロフィールでわからなくても、メッセージ内容で発覚できるので、騙される前にブロックが可能。

その特徴は以下の通りです。

プロフィールの見分け方

  • 友達の数が少ない
  • 個人情報や投稿が少ない
  • メイン画像が別人に切り替えられた経歴あり
  • 頻繁に家の投稿ばかりしている

メッセージの見分け方

  • 頻繁にログインしている(詐欺師=それが仕事だから)
  • 投稿者にすでに引っ越しが完了して自分は対応できないから、直接オーナーに連絡してと言ってくる
  • ビューイング(内覧)する前にデポジットを支払うように要求してくる

メッセージで先にデポジットを要求してきた場合、「その前に内覧しても良い?」って聞くと大抵音信不通になります笑。詐欺師の言動はわかりやすいので、家がないからって焦って引っかからないように注意してくださいね。

カナミ

過去のグループ投稿に「この人詐欺師だから注意!」とメッセージ内容が公開されていることも多いので、要チェック!

全てのパターンに当てはまるわけではないので、見極が肝心。

ハムチ

友達などのコネクション

コネクションは信頼性も高く、何より賃料の安いシェアハウスに引っ越しできる可能性が高いので、積極的に聞き回るのがおすすめです!

ただ、家がないアイルランドでは、ほとんどの人が家を探している状況なのでなかなか難しいのが現状。。そのため声をかけつつ、賃貸サイトで部屋探しをしましょう◎

アイルランドの家(部屋)探しで勝ち抜くためのコツ

基本的には賃貸サイトやFacebookグループを利用して部屋探しをすることになりますが、そのときに重要となるのは次の3つです。

順番に解説します。

とにかくメッセージを送りまくる

「この家は遠いから無理」「部屋が狭いからだめ」「ルームシェアはNG」なんて何も考えずに、思考停止で全ての物件にメッセージを送りましょう。

なぜなら、本当に返信がこないからです。心折れます。自分が嫌だなと思う点は他人も嫌な場合が多い、つまり良い家の倍率は当然高い。。

カナミ

私は新しい物件が出たら、最大の滞在期間だけ確認してメッセージを送っていました。たまに1週間滞在とかもあるので汗。

アイルランドのシェアハウスは早いもの勝ちなので、とりあえずメッセージを送りまくってビューイングまで行きつけて、住みたいと思えなかったら辞めるという感じがベスト。

そもそもアイルランドではハウスオーナーが住人を決める立場であるくらいに入居者が多いので、ビューイングに行って自分が「ここに住みたい!」と言っても、住めないことも普通にあります。

そんな厳しい家探し状況なので、新しい物件が出たらすぐさまにメッセージを送ってくださいね!

ハムチ

アイルランドの家探しは日本の就活のようなもの笑。。

メッセージの内容を履歴書のように書く

基本的に内覧できるかどうかは、メッセージ内容で決まります。これは丁寧なメッセージ内容なら良いという訳でなく、履歴書のように自分の自己紹介や自己PRも記載するのがポイント!

私はアイルランドのコークで2週間家探しをして、内覧にたどり着けたのは合計8件。100件送って3〜5件返信が来る&コークはダブリンと比べて物件数が少ないと言われている中で、なかなか良い結果を残せたと思っています笑。

カナミ

ちゃっかり100件のメッセージを送ってこの結果です…!

参考にどのような文章を送っていたか公開します。ちなみに英文法や英単語にいくつか間違いがあると思うので、まるっとは参考にしないようにしくてください笑。

Dear(宛先名)
Hello. My name is Kanami. I came to Ireland on July 6th with a Working Holiday Visa.
I would like to see this room, when can I make a reservation? I can always go to the viewing and I can move soon and stay for 1 year. The length of stay is adjustable (I can change my visa and stay for more than 1 year).
Also, I will explain what kind of person I am. ・I am a 30-year-old Japanese woman ・I have a nutritionist qualification ・Sufficient savings ・Non-smokers ・I'm looking for a part-time job in Ireland (I have experience with servers and baristas) ・Has a wealth of experience as a web writer and also is currently active as a freelancer ・I like cleanliness and it is always clean ・I spend my time quietly at home, but I'm friendly and kindful.
Thank you for reading to the end. I look forward to repaying from you.
Kind regards
Kanami

この文章の良きポイントは、オーナーの話も聞いたところ以下の通り。

  • どれくらいの期間滞在できるのか
  • いつ引っ越すことができるのか
  • 基本的な個人情報(出身、年齢、性別、ノンスモーカーかどうか)
  • どんな人なのか(静か、フレンドリーは重要)
  • 仕事をしているかどうか(学生と書くと不利になることも)

個人的にこれも書いたことで良かったのでは? というポイントはこちら。

  • 貯金がいっぱいあるということ(別にないけど←)
  • 日本の仕事もしている(別にないけどやろうと思えば的な←)
  • 仕事はしていないので探していると書く

貯金があるよって書いてから体感的に返信率が上がったので、割と重要なのかもしれないと思いました笑。胡散臭く思う人もいるかもですが…。

学生と書くと「お金ない」「友達呼びそう」などマイナスイメージを持たれることもあるそうなので、バイトを探す予定があるならなるべく書かないでおきましょう。

アルバイトを見つけておく

内覧に行くと、ほぼ100%学生かどうか、また仕事をしているかどうか聞かれます。

一件の内覧ではバイトを探していることを伝えましたが(実際はまだ探していなかったけど)、「アジアの人は仕事GETしづらいしね〜〜家賃の滞納が心配だよ」と言われてしまいました。

カナミ

完全にそこのハウスオーナーの主観です(怒)。

というわけでその家は相手側から合格をもらえなかったので、見送りに。本当に就活のようだよ、アイルランドの部屋探し。。

ハウスオーナーとの相性もすごく大事なので、そのあたりも妥協しないようにしましょうね!

まとめ

アイルランドの家探し

アイルランドの家(部屋)探しについて紹介してきました。

アイルランドの家探しは非常に難しいですが、毎日サイトを見続けてメールしたり、妥協したりすれば絶対見つかります。家探しは「daft.ie」と「Facebookグループ」をメインに利用して、部屋を探しましょう!

カナミ

Facebookグループは詐欺師が多いので、ビューイング前にお金を払うなどしないように要注意!

次回は、どんな基準で家を選べば良いのか? 私が内覧したお家はどんな感じで、何が良くて悪かったかなどをご紹介していきます。

この記事を参考に、あなたがアイルランドで納得のいくお家に住めますように*

トップへ戻る

-到着後
-